ゲーマーを自称するなら遊ぶべき!名作をPSPで一気にプレイ!『幻想水滸伝Ⅰ&Ⅱ』評価・感想・レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
gensou.jpg

タイトル:幻想水滸伝Ⅰ&Ⅱ

対応機種:PSP PS Vita(ダウンロード版)

ジャンル:RPG

発売元:株式会社コナミデジタルエンタテインメント

発売日:2006年2月23日


○幻想水滸伝Ⅰ&Ⅱとは?

1995年発売PS『幻想水滸伝』と1998年に発売されたPS『幻想水滸伝Ⅱ』を1つにしてPSPに移植したタイトル。グラフィックはPSPのワイド画面に対応。さらにはゲーム進行に応じて「サウンドギャラリー」や「ムービーギャラリー」「イベントギャラリー」を鑑賞できる機能が追加されている。


○世界観

幻想水滸伝の世界は東洋と西洋のファンタジーが交じり合った独特の世界観になっている。『幻想水滸伝』と『幻想水滸伝Ⅱ』は地域は違うが同じ世界を舞台としており、ⅡはⅠの約3年後の世界が舞台となる。
fantasy_elf2_2.png
fantasy_wolfman_2.png

▲エルフや獣人といった人々も存在する世界。


○このゲームの良いところ

・宿星の108人の仲間たちが織り成す人間ドラマ

『幻想水滸伝』、『幻想水滸伝Ⅱ』の2作品で描かれるのは人と人、国と国の戦争です。世界を救ったりはしません。敵味方それぞれの人間模様が描かれ、人の生き様、戦争の意味といったものを考えさせられます。

『幻想水滸伝』、『幻想水滸伝Ⅱ』 に共通しているのは主人公がしゃべらないことです。しゃべらないことによって主人公の苦しみや悲しみといったものを想像してしまって感情移入してしまいます。(もちろん、主人公がしゃべるRPGも大好きです)


・サクサク進む戦闘!

戦闘は最大6人のキャラが参加するドラクエの様なターン制コマンド選択バトルです。敵と味方に前列、後列の概念や、キャラごとに武器の射程距離の違いなどがありますが、簡単なのですぐに慣れます!

6人もキャラがいるとコマンド選択が大変そうですが、コマンドの「おまかせ」で全員で通常攻撃できます。違う敵を攻撃していれば戦闘アニメが同時に行われるので、快適にゲームが進みます!(文章だと伝えにくいですね…)


・ストーリーを盛り上げる『戦争イベント、一騎打ちイベント』

ストーリーの途中でミニゲーム風の戦争イベントや一騎打ちイベントが起こります。確かにミニゲームなのですが、それらは幻想水滸伝が『人間の戦いのドラマ』であるということをプレイヤーに印象付けてくれます!


・本拠地システム

ストーリーを進めると本拠地となる城を手に入れることができます。108人の仲間の中には戦いには参加せずに、本拠地でお店などの施設を作ってみんなを助けてくれる人もいます。

仲間が集まってどんどん便利に、そして賑やかになっていくのが楽しい!


・生き生きと動く2Dで描かれたキャラクター

戦闘やイベントシーンでは2Dで描かれたキャラたちがしっかりと動いてくれて、スーファミ時代のRPGを思い出してワクワクしました。やはり2Dは味があっていいですね!

特に『幻想水滸伝Ⅱ』はグラフィックやキャラのアニメーションのクオリティがとても上がっています。今までやった2DグラフィックのRPGでトップクラスのクオリティで感動しました!


○このゲームのいまいちなところ

・ところどころに古さを感じるシステムがある

フィールドをダッシュするのにスキルの枠をつぶす必要があるのは「時代だなぁ」と感じました。やはりダッシュぐらいは普通にできてほしかった。(Ⅱでは多少改善されています)

アイテムのソート機能がない、アイテム倉庫の容量が少ないなど良くも悪くも時代を感じる部分があります。


・PSPのワイド画面に対応しきれていない

建物の中などで、画面端に違う部屋が見えてしまっていました。たぶんロード時間短縮のために、あらかじめ町の建物の中をロードして呼び出してるのだと思います。最初は隠し通路があるのかと思って頑張って探しちゃいました( /ω)


○まとめの感想

実はクリアしたのは2016年12月ごろです。ゲーマーとしてぜひプレイしておこうと思い購入しました。いろいろ不満点も書きましたが名作と呼ぶにふさわしい、素晴らしいゲーム! RPGの面白さを再確認しました。

未プレイの方はぜひ遊んで見てください。RPGのお手本のようなゲームです。108人集めるといいことがあるので、攻略情報を見ながらのプレイをオススメします!

話はそれますが、コナミは本当に昔は良いゲームメーカーでしたね! 『幻想水滸伝』はもちろん『ゴエモン』『ときメモ』『ツインビー』『パロディウス』『サイレントヒル』他にもいろいろありますね! 頼むから昔のコナミに戻ってきてほしい…


ダウンロード版はこちらで買えます! 幻想水滸伝で検索!



アマゾンでチェック!

幻想水滸伝 I & II コナミ・ザ・ベスト

Category: PSP ソフト
Published on: Mon,  03 2017 23:34
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。