デジタルTCG期待の新人! 『デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)』 評価・感想・レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
タイトル:デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)

ジャンル:デジタルトレーディングカードゲーム

対応OS:iOS Android

基本プレイ無料(アイテム課金型)

DeNAから配信中



○デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)とは?

神話の神々が住まう異世界「デュナミス」を舞台としたデジタルTCG(デジタルトレーディングカードゲーム)。日本、ギリシャなどの神話をモチーフにした世界観やカードイラストが特徴。



○このゲームの良いところ

・2×3のバトルフィールドでの戦いが熱い!

『デュエル エクス マキナ』は“毎ターン自動でマナ(カードを使うためのコスト)が貯まる”、“勢力ごとに使えるカードが違う”、“ガーディアン(プレイヤーの分身)ごとにマナを消費して使える能力がある”というように、『ハースストーン』や『シャドウバース』と共通する点が多くあります。
しかし、決定的に違うのは各プレイヤーは2×3の合計6マスのバトルフィールドを持っていることです! プレイヤーは、自分フィールドの好きな位置にユニットを召喚できますが、召喚したユニットは自分の正面の縦列しか攻撃ができません。さらに同じ縦列に複数の敵ユニットがいる場合は、一番手前の敵ユニットにだけ攻撃できます。同じ縦列に敵ユニットがいなければ、相手プレイヤーにダメージを与えることができます。

IMG_0799.png
▲ユニットの配置の仕方がとても重要!

列の概念を取り入れることで、“前列をサポートするユニットをうまく後列に配置する”、“強いユニットは後列に配置し、前列に守ってもらう”といった戦略が生まれていて、『ハースストーン』や『シャドウバース』とは違う楽しさを生み出すことに成功しています!





IMG_0801.png
IMG_0804.png

▲列に関する様々なカードが登場します!


・フィールドを変化させる地形システム

『デュエル エクス マキナ』ではカードやガーディアンの能力で海洋や草原といった“地形”を生み出すことができます。地形に配置すると強力な効果を発揮するユニットも多く存在し、地形を生かした戦い方も非常に重要になっています!

IMG_0775.png
▲この画像では自分の前列は海洋、相手の前列は草原になっています。





IMG_0808.png
IMG_0807.png

▲地形を生み出すカードや、地形に配置すると強力になるカードが存在!


・片手で操作ができる

縦画面なので片手で操作ができます。細かいポイントですが、スマホゲームはお手軽さも重要な部分なので、片手でプレイできるのは『ハースストーン』や『シャドウバース』とは大きく違う良い点だと思います。



○このゲームのいまいちなところ

・対人戦の時、キャラのボイスがうるさい

最初は対戦相手からのメッセージだと思ったのですが、メッセージをオフにしても「そう急くな」や「しばし待て」といったボイスが相手ターン中に再生されるので気が散ります。相手ターンでも次の展開を考えているので静かにしてほしい(つД`)ノ


・カードのテキストが少しわかりにくい





IMG_0809.png
IMG_0811.png

左のカードだと横列のどのマスに出るのかわかりにくいです。実際はランダムで出ます。右のカードだと相手のユニット1体を自分で選べるのかわかりません。これもランダムで選ばれます。

以上のように、使ってみるまで効果がはっきりしないカードがちょくちょく存在するのが気になります(´・_・`)



○まとめの感想

『ハースストーン』や『シャドウバース』の流行に乗るかのように今までもデジタルTCGがリリースされてきましたが、その中でも『デュエル エクス マキナ』はとても良くできていて面白いです! カードイラストはリアルよりなので、もうちょっとユーザーに媚びても良かったかなぁと思います(´∀`*;)ゞ






Category: デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)
Published on: Fri,  07 2017 20:32
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。